快眠グッズで夏も熟睡!寝具・枕を選ぶポイントとは?

RSS 今読まれている記事(別サイト)

夏が近づいて暑くなってくると、夜寝苦しいことが多くなりますよね。窓を開けるのも不用心だし、エアコンをつけっぱなしにするのも体には良くなさそう。

そこで、蒸し暑い夏の夜を快適に過ごせる快眠グッズを調べてみました。

bed-644728_640

快眠寝具

夏の寝具を選ぶ際に重要なのは、通気性です。通気性が悪いと熱がこもってしまい、蒸れて汗をかいてしまいます。

夏におすすめな寝具の素材は、さらっとする麻素材の寝具竹シーツです。どちらも高い吸湿性と放熱性があり、夏には最適の素材です。

タオルケットは綿が良いでしょう。パイル地を選べば更に吸湿性と放熱性も良くなります。

寝具を選ぶ際は、なるべく化学繊維の含まれていない、綿100%麻100%のものを選びましょう。


[関連商品]

快眠枕

枕は、低反発のウレタン素材のものを使用している人も多いでしょう。しかし、ウレタン素材は通気性が悪いものもあり、夏には蒸れてしまうことも多いようです。かと言って、保冷剤のようなもので冷やしてしまうと、冷えすぎて頭痛になってしまうこともあります。

夏用の枕としては、通気性と放熱性のよい麻わたやパイプの入った枕がおすすめです。また、近年注目されている塩枕も頭部を冷やす効果があるので、夏向けの商品です。

枕カバーは涼感素材のものがたくさん発売されていますので、そういったものを選ぶと良いでしょう。


[関連商品]

その他の快眠グッズ

最近は快眠グッズもいろいろ販売されていますが、特におすすめなのが、「エアコンマット」です。

寝ているときに一番汗をかくのは、布団に接している背中ですよね。寝始めたときはそれほど暑くなくても、徐々に熱がこもってしまい、寝返りを繰り返すことも多いはず。

そんなとき、エアコンマットを敷いておくと、ファンの力でマット内部に風を通し、熱を逃がしてくれます。マットの通気性をよくする製品のため、冷たさを感じるわけではありません。

しかし、暑くならないので冷えすぎることもなく、快適に眠ることができ、電気代もそれほどかかりません。マット部分は取り外して洗うこともできるので、清潔に保つことができます。


[関連商品]

その他の夏の快眠グッズとしておすすめなのは、抱き枕です。夏に抱き枕、というのはちょっと意外な感じがしますよね?でも、抱き枕を抱くことで、背中が布団に密着することがなくなったり、脇に隙間ができることで、蒸れにくい状態が作れるのです。

竹の抱き枕キシリトール配合の涼感素材など、夏向けの抱き枕も数多く販売されています。


[関連商品]

まとめ

ここ数年、夏は本当に暑い日が多く、夜でも全く気温が下がらないことも多くなりました。本格的に暑くなる前に、寝苦しい夜を少しでも快適に過ごせる快眠グッズを準備しておきましょう。

RSS 芸能人の恋愛・結婚・離婚・不倫速報
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大