就活マナーあなたは大丈夫?面接時の鞄の扱い方

就活の面接では、入室から退室まで全ての行動が合否に結びつきます。普段なら気にならない動作も、どうすればよいのか確認しておきたいですよね。

面接の時には鞄を持って行きますが、この鞄、いったいどういう扱い方をすれば良いのでしょうか。ここでは、面接の時の鞄の扱い方を面接の流れに沿って見ていきましょう。

スポンサーリンク

kaban

入室~着席

基本的に男性は手持ち女性は肩掛けタイプの鞄が多いでしょう。

入室の際は歩く時と同様に持っておきます。ドアを開けて入室したら必ず礼をしますが、男性は自分の横に持って礼をしましょう。女性の場合は、肩に掛けたままではなく、両手を揃えて前に持って礼をした方が好印象です。

椅子の前での一礼でも同様にし、「おかけください」と言われたら、椅子のすぐ横の床に鞄を置いて着席します。鞄を置くのと座るのはどちらが先でもOKです。

もし面接会場で隣に空いている椅子があっても、その上に鞄を置いてはいけません。必ず自分の椅子の横の床の上に置くようにしましょう。

まれに担当者から荷物を置く場所を指定される場合があります。その際は、「ありがとうございます」と言って指定された場所に置き、必要な物があれば出してから着席しましょう。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2013-09-LIG_kanbadega-dosurudansei500-thumb-1000xauto-3479

面接中

面接中に鞄の中身をガサゴソと触るのは、相手に悪い印象を与えてしまいます。面接が始まったら、基本的に鞄に触れることのないように、必要な資料などは着席して鞄を置く前に出しておきましょう。

しかし面接中、急に何かを出さなければならないことがないとも限りません。そのため、対応しやすいよう鞄は自分の利き手側に置いておくと便利です。

また、途中で鞄が倒れて中身が出たりすることのないよう、必ず鞄のファスナーは閉じておきましょう。そして倒れないように自立する鞄を選んでおくことも重要です。

733327059337db7ef9110bfae47e8c1a_s

離席~退室

面接が終了したら、椅子を立って一礼します。その際は鞄を持たずに一礼すればOKです。その後に鞄を持って出口まで行き、出口の前で再度入室の時と同じような持ち方で一礼してから退室しましょう。

851b5e7898f173fcd14791ecbeaf4ec4_s

まとめ

鞄の扱い方などは単純な事ですが、意外と企業の担当者は見ています。手間取ると自分自身の焦りにつながってしまうこともあるため、スムーズに扱えるように練習しておきましょう。

また、就活を長く行っていると、鞄が汚れたりくたびれてくることもありますよね。それを放置せず、しっかり手入れをしておくことで、良い印象を与えることもできます。面接の際の持ち物は手入れをして、綺麗にしておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大