就活メイクの方法はこれだ!好印象を与えるポイントと注意点

RSS 今読まれている記事(別サイト)

就職活動では、第一印象はとても重要。そして女性の第一印象にはメイクが大きな影響を与えますよね。

では就職活動の時は、いったいどういうメイクをすればよいのでしょうか。普段のメイクではダメだというのはわかるけど、何に気をつければよいのかわからない。

そんな悩みを持つ女性必見!就活メイクのポイントと注意点をまとめてみましたよ。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-09-AL101_natuin0120140830001500-thumb-1000xauto-5369

就活メイクのポイント

目指す業界によって多少の違いはありますが、基本的なポイントは同じ。重要なのは、清潔感や知性を感じさせられること、健康的に見えることです。

基本的にはナチュラルなメイクを心がけましょう。ナチュラルと言っても、すっぴんはNGと考える企業担当者が多いようです。普段あまりメイクをしたことがない人も、就活に向けて練習しておきましょう。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-05-PAK85_lalaokesyounaoshiOL20140321500-thumb-1000xauto-4595

就活メイクの方法

■ベースメイク

健康的に見せるには、ベースメイクが重要。肌なじみの良いベージュなどの化粧下地を使用し、クマやニキビ跡など気になる肌トラブルはコンシーラーを使用して隠します。ファンデーションで隠そうとすると厚化粧になってしまうので、コンシーラーをうまく使いましょう。

ベースメイクは基本的に薄づき、ナチュラルが原則です。

■眉

眉は細すぎたり濃すぎたりしないよう、自分の眉を活かして描き足すようなイメージで仕上げます。左右のバランスも重要なため、しっかり確認しながら描いていきましょう。

■目元

アイライナーはまつ毛の間を埋めるように描いていきます。アイシャドウは苦手であれば使わなくても良いですが、ベージュ、ブラウン系のものを使用してグラデーションをつけると、目元が印象的に仕上がるのでおすすめです。

マスカラが苦手な場合は、カーラーでカールだけでもしておくと目元がはっきりします。

■口紅

口紅はベージュピンクなどの派手すぎない健康的な色を使用しましょう。しっかり塗ってからティッシュオフして、簡単に落ちないようにしておくのが良いでしょう。

■チーク

チークを使用すると、顔が明るく健康的に見えますが、頬全体に丸く入れると子供っぽくなってしまいます。チークは頬骨に沿って薄めに入れるようにしましょう。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2014-09-BL002-ookawasansutekidayone20140810500-thumb-1000xauto-5357

就活メイクの注意点

就活メイクで避けたいのは、やりすぎのポイントメイクです。特に最近はつけまつげで目元をしっかり盛る人も多いですが、つけまつげはもちろんNG。マスカラも上まつげだけ重ね塗りせずに自然な感じで使用して、下まつげにはつけないよう注意してください。

また、アイライナーも引きすぎないように、チークも入れすぎないようにするのが重要です。アイシャドウはラメ入りがほとんどですが、なるべくマットな質感のもので、ラメが入っている場合はラメが細かいものを選びましょう。


[関連商品 好印象で面接に勝つ!就活メイク講座]

まとめ

いかがでしたか?メイクはうまく使えば、自分の良さをアピールできる武器になります。ポイントをしっかりおさえて、自信を持って就活にのぞみましょう。

RSS 芸能人の恋愛・結婚・離婚・不倫速報
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大