就活生必見!就活を成功させるクールビズの服装とは?

暑くなってくると、多くの企業ではクールビズが実施されます。最近では就職活動のスケジュールがずれたことも手伝い、夏の就職活動には「クールビズOK」としている企業も増えているようです。

しかし普段「クールビズ」という服装に慣れていない就活生は、どういう服装をしていけばよいのか悩んでしまいますよね。自分だけ浮いてしまうのは避けたい、というのが就活生の本音でしょう。

スポンサーリンク

そこで、就活生に求められるクールビズの服装についてまとめてみました。

020563

クールビズの服装

クールビズと言えば、一般的にはノーネクタイノージャケット半袖シャツなどが挙げられます。企業で働いている方たちは、ポロシャツなど更にカジュアルダウンした服装なども見られます。

しかし、就活の場合は一般的なクールビズよりはきちんとした服装を求められていると考えておきましょう。

■男性のクールビズ

男性の場合、ノーネクタイ、ノージャケットは良いですが、シャツは通常どおりの白い長袖シャツが良いようです。

男性の長袖シャツには腕などの毛を見せないようにするため、という理由があります。そのため、半袖のシャツは失礼と考える人もいるので、注意が必要です。

また、パンツは通常のリクルートスーツ同様、濃い黒系のパンツを選びましょう。クールビズで行く場合でも、念のためジャケットとネクタイは持参しておくと安心です。


[関連商品 ブロードシャツ]

■女性のクールビズ

女性の場合、長袖でなくともよいですが、7分袖くらいの方が好印象を与えられます。また、カットソーではなく、衿のついたブラウスを選んでおいた方が無難です。基本的には、白い7分袖ブラウスに黒系のスカートという服装にし、男性同様に、ジャケットは持参しておきましょう。

クールビズの状況は企業のカラーにも大きく左右されます。情報が集められるのであれば、例年のその企業の状況を調査しておきましょう。

また、説明会などに参加した際に担当者がきっちりスーツを着ているようであれば、こちらもきっちりしておくのが無難です。


[関連商品 ご家庭で洗える!フォーマル&キャリアスカートスーツ]

スーツで行ってもいいの?

「クールビズOK」と言われていても、なんだか心配。あえていつものリクルートスーツを着用しても良いのでしょうか。

基本的には企業担当者としては、スーツを着用してきた就活生に対して、悪い印象を持つケースはないようです。変に外しすぎたクールビズを着用するよりは、スーツを着ておいた方が無難かもしれません。

020996

まとめ

就活の服装は指定がされなければされないほど、悩みの元になってしまうもの。でも基本的には就活はビジネスの場です。クールビズであっても、相手に不快な気持ちを与えてしまうような服装は望ましくありません。そこに注意をして、服装を選びましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大