紅葉狩りは箱根美術館で!見ごろの時期とアクセスは?

紅葉狩りの名所として有名な箱根美術館ですが、見ごろの時期やアクセスはどのようになっているのでしょうか。この記事では、箱根美術館の魅力見ごろの時期車や公共機関での行き方についてまとめてみました。

■この記事の目次

スポンサーリンク

125807162146016204229_M008s
《箱根美術館 写真引用元:「デジタル写真館」・・・徒然なるままに
http://hugaku.at.webry.info/200911/article_3.html

箱根美術館の紅葉の魅力

箱根美術館の庭園といえば、日本でも有数の紅葉狩りの名所。箱根には芦ノ湖や小涌谷など、紅葉の名所と言われる場所が数多く点在しています。しかし、箱根美術館ではここだけでしか観られない紅葉が見られるのです。

日本庭園と紅葉とのコラボレーション

それは、日本庭園と紅葉とのコラボレーション。箱根美術館の庭園は130種類もの苔がある苔庭があり、国の文化財にも登録されているほど。新緑の季節も美しいと言われていますが、やはり人気なのは紅葉の季節です。

庭園内には約200本のモミジの木が植えられており、モミジの赤と苔の緑とのコントラストが非常に美しい光景を作り出しています。また、日本庭園だけでなく中国風の竹庭もあり、竹の緑とモミジの赤が織り成す景色も楽しめるのです。

自然美とは違う魅力

綺麗に剪定された木々と整えられた庭園で鑑賞する紅葉は、自然の山や渓谷で鑑賞する紅葉とは、また違った味わい。苔庭と紅葉を眺めながら、施設内の茶室で抹茶を楽しむのも、他とは違った箱根美術館の楽しみ方の一つでしょう。


[関連商品 紅葉の代名詞【1年間枯れ保証】【紅葉が美しい木】イロハモミジ 0.5m]

見ごろの時期

箱根美術館の紅葉の見ごろは11月中旬~下旬頃。特に11月下旬には、紅葉を観に訪れる観光客がかなり多く、連休など状況によっては入館制限がかかることもあります。入館後の時間制限などはありませんので、早めに出かけてゆっくり鑑賞するのがおすすめです。

箱根美術館は通常、木曜が休館日ですが、11月は無休。開館時間は9時30分~16時30分となっています。

なお、入館料金は大人900円、高・大生400円、中学生以下は無料です。65歳以上はシニア料金の設定があり、700円となっています。

アクセス

神奈川県足柄下郡箱根町にある箱根美術館へは車、または公共交通機関で行くことができます。

車の場合は、西湘バイパス箱根口I.Cから国道1号を芦ノ湖方面へ約15分ほどで到着。近隣に無料駐車場が100台分ありますが、紅葉の時期には開館前からかなり混み合うため、早めの到着を心がけましょう。

公共交通機関の場合、箱根登山鉄道終点・強羅駅から箱根登山バス・施設めぐりバスに乗り、箱根美術館で下車すると、バス停から徒歩1分で到着できます。

また、強羅駅からケーブルカーに乗るのもおすすめ。ケーブルカーからは箱根の紅葉が一望できるので、箱根美術館の紅葉以外も楽しむことができます。ケーブルカーの場合は、公園上で下車して徒歩1分です。


[関連商品 アートと温泉を楽しむ箱根巡りの小旅行]

まとめ

箱根で最も美しい紅葉が見られると評判の箱根美術館。多数の人混みをかき分けてでも、観る価値のある紅葉です。周囲には温泉地もあり、観光スポットも数多く存在している場所。紅葉狩りの後にもいろいろと楽しめそうですね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大