顔のテカリはこれで抑える!肌のタイプ別【化粧水】決定版!

顔のテカリを抑えるためには、自分の肌のタイプにあった化粧水を使うことがとても重要。肌質に合わない化粧水を使用すると、テカリが抑えられないだけでなく、他の肌トラブルを起こしてしまう可能性も。

そこで、肌タイプ別のおすすめ化粧水を紹介しましょう。

スポンサーリンク

085718

普通肌用化粧水

普通肌の人であっても、化粧水を選ぶ時に重要なのは保湿です。今何もトラブルがないからと手入れを怠ると、年齢を重ねた時に乾燥肌になってしまい、保湿が足りずにテカリが出てしまう場合があります。

適度に保湿効果があるものであれば、基本的には好みで選んでも問題ありません。その他自分の悩みがあれば、それを解消できる成分が含まれているものがよいでしょう。

コーセーの「薬用 雪肌精」は、和漢植物の保湿成分と美白成分が配合されており、普通肌の人におすすめの化粧水の一つです。


[関連商品 薬用 雪肌精]

乾燥肌用化粧水

乾燥肌の人に重要なのは、何よりも保湿。化粧水を選ぶ時には高保湿なものを選び、しっかりとケアをするのが重要です。

おすすめ化粧水は富士フィルムの「アスタリフト」。ローションとジェリーがあり、ローションには3種のコラーゲン、ジェリーにはヒト型ナノセラミドが配合されており、保湿効果は抜群です。


[関連商品 アスタリフト]

また、日中の乾燥が気になる人は、ドクターシーラボの「コラーゲンミスト」を携帯しておくとよいでしょう。


[関連商品 コラーゲンミスト]

オイリー肌用化粧水

オイリー肌の人にはやはり、さっぱりタイプの化粧水がおすすめ。そして、皮脂の分泌を抑制する効果のある、ビタミンCが配合されている化粧水を選ぶと良いでしょう。

おすすめは、etvosのVCローション。ビタミンC誘導体の配合率7%の「エクストラVCローション」と、配合率3%で刺激の少ない「バランシングVCローション」があり、肌の敏感度などから選べます。

なお、皮脂のコントロールを行う化粧水として「収れん化粧水」という化粧水があります。この収れん化粧水は、通常の化粧水→乳液→収れん化粧水、とスキンケアの最後に使用するもの。皮脂の抑制には効果がありますが、通常の化粧水と比較すると刺激が強いため、長期的に使用するのは控えましょう。


[関連商品 etvos VCローション エクストラVCローション]


[関連商品 etvos VCローション バランシングVCローション]

混合肌用化粧水

混合肌の人は、保湿をしっかり行いつつ、皮脂の抑制も行える化粧水を選びましょう。

キュレルの皮脂トラブルケアシリーズがおすすめです。ユーカリエキス配合でうるおいを与えるとともに、過剰な皮脂の分泌を抑制する成分も含まれています。ノンオイリーのため、使用後のべたつきなどもありません。

または、乾燥肌用と脂性肌用の2種類の化粧水を、場所によって使い分けるという方法もあります。


[関連商品 キュレル 皮脂トラブルケアシリーズ]

まとめ

肌タイプ別のおすすめ化粧水を紹介してきましたが、肌に合う化粧水は同じ肌タイプでも人それぞれ。必ずサンプルを取り寄せるなどして、1週間ほど試してから購入しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大