顔のシミを取るレーザーは安全?痛みや後遺症はないの?

顔にできてしまったシミを取るために有効とされているレーザー治療。しかし、レーザーを顔に当てることで、痛みが起こることなどはないのか、不安に思う人も多いでしょう。

そこで、レーザー治療の安全性と、治療の痛みや後遺症について調べてみました。

スポンサーリンク

146915

レーザー治療とは

レーザー治療とは、シミができてしまった部分にレーザーを照射することでやけどのような状態にし、その部分を剥がすことでシミを薄くする、という方法。

シミの部分だけに反応し、その周囲には影響はないため、ピンポイントでシミに対処することができます。

レーザー治療の流れは次のようになっています。

  1. レーザーの照射で軽いやけどを起こさせる
  2. しばらくするとかさぶたの状態になる
  3. 5~7日ほどでかさぶたが剥がれて新しい皮膚が現れる
  4. 1ヶ月ほどで周囲と馴染み、落ち着く

シミは1回のレーザー治療で消える場合もありますが、少し濃いシミなどの場合には、複数のレーザー照射が必要な場合もあります。

105771

痛みや後遺症はないの?

レーザー治療の際、レーザーを照射する時間というのは、100万分の1秒程度の単位と、かなり短いもの。治療に使われる機器も年々進化しており、パチンとはじかれたような痛みを感じることもありますが、強く痛むわけではありません

しかし、痛みに敏感な人などは麻酔剤を利用することにより、痛みをなくすことも可能。心配な場合には、事前に相談しておくとよいでしょう。

施術後に注意しなければならないのは、炎症後色素沈着と呼ばれる症状。炎症後色素沈着とは、肌が炎症を起こして赤くなった後、黒く色素沈着してしまう症状のことを言います。この症状はやけどやニキビ、怪我などの炎症によっても起こりますが、レーザー治療によっても発生してしまうのです。


[関連商品 簡易型小型レーザー照射器 E-LASER]

そのため、レーザー治療でシミを薄くしたはずなのに、シミが再生してしまったように見えてしまう場合があります。炎症後色素沈着は、誰にでも起こるものではありませんが、元々日本人は欧米人と比べてメラニンが多く、色素沈着しやすいため、欧米より発生する確率は高いようです。

炎症後色素沈着は、通常肌のターンオーバーなどが行なわれていけば、半年~1年ほどで消えていくものですが、せっかくシミを薄くする治療をしたのに、別のシミが見えてくることは避けたいもの。

そのため、レーザー治療を行なっている皮膚科などによっては、炎症後色素沈着が起こりにくくなるよう、被覆材を貼り付けるなどの方法を取っているようです。

179977

まとめ

レーザー治療による痛みや後遺症などは起こる人もいれば、全く起こらない人もいます。そのリスクをしっかり認識した上で施術を検討し、あらかじめ考えられる対策を講じておくとよいでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大