顔のシミはどうやって消すの?クリーム?レーザー?その他の方法は?

紫外線や加齢、ホルモンバランスの影響など、様々な原因でできてしまう顔のシミ。ケアを怠っていたら、いつの間にか目立つようになっていた、という人もいるでしょう。

シミはなるべくなら消したいと思うものですが、シミを消すにはどんな方法があるのでしょうか。美容液やレーザーなど、シミを消す方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

クリーム・美容液で消す

シミを消す方法はいろいろありますが、簡単に自宅で行なえる方法の一つがクリームや美容液など、化粧品によって消す方法。ドラッグストアなどにいくと、「美白」効果を謳った化粧品がたくさん販売されていることに気が付くでしょう。

美白効果のある成分はいろいろとありますが、有名なのはビタミンC誘導体やトラネキサム酸など。これらの成分が配合されている化粧品を使うことで、シミが薄くなる可能性があります。

しかし、化粧品でケアをする場合には予防のために使用するのが最も効果的。できてしまったシミを完全に消すことは難しく、また肌に改善が見られるまでにも、ある程度の時間がかかってしまうようです。

105771

レーザーで消す

シミに対する効果的な治療として、よく知られているのがレーザー治療。レーザー治療は、メラニン色素だけに反応するレーザーを使うことで、シミの部分に軽いやけどを起こさせ、その部分を剥がすことによってシミを薄くする方法。

皮膚が剥がれ落ちることで、徐々にシミが薄くなる効果が期待できます。完全に消えるかどうかはシミの濃さなどにもよるため、一概には言えません。しかし、できてしまったシミへの対策としては、効果的な方法の一つと言えるでしょう。

179977

その他の方法

化粧品やレーザー治療以外にも、シミを消す方法はいろいろあります。

サプリメントや内服薬

メラニンの沈着を抑制するビタミンCや、新陳代謝を促すビタミンAを含むサプリメントや、シミ対策用の内服薬などを摂取することで、シミの改善が期待できます。

ピーリング

肌に酸などを塗ることによって、古くなった角質を強制的に剥がし、肌のターンオーバーを促進させる方法。肌への刺激が強いため、肌が敏感な人は注意が必要です。

フォトフェイシャル

紫外線をカットした肌に優しい光を照射することで、肌のターンオーバーを促し、シミを薄くさせる方法。


[関連商品 資生堂 HAKU メラノフォーカスCR 45g (医薬部外品)]

まとめ

シミを消す方法は様々ですが、人によって合う・合わないがあったり、シミの原因によって、効果的な方法が違う場合もあります。そのため口コミを見たり、事前に相談をするなどして、自分に合う方法を見つけていきましょう。

また、シミを消すことはできても、新たなシミができる可能性は常にあります。そのため、シミを予防することも重要と言えるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大