まつげのエクステは自分で付ける!セルフの付け方・やり方を徹底解説!

まつげエクステのデメリットの一つが、定期的にサロンに通う必要があってお金がかかり、面倒だということ。このデメリットを解消できるのが、セルフのまつげエクステです。

自分でエクステを付けることができれば、サロンに通うお金も時間も節約することができますよね。とはいえ、初心者でもうまく付けることができるのか、不安に思う人も多いでしょう。

スポンサーリンク

そこで、自分でエクステを付ける方法や注意点についてまとめてみました。

f83f8293af3d9cca5d5720e74737651e_s

自分で付ける方法

自分でまつげエクステをする場合、基本的にはまつげエクステのキットを購入するのが良いでしょう。エクステ用のキットは、インターネットなどでは5千円~1万円前後の価格で販売されています。

キットには、まつげエクステをするために必要なグルーやエクステの毛、ツイーザーなどがセットになっており、気軽にセルフエクステを始めることができるのでおすすめです。

自分で付ける時の手順は次のようになります。

  1. 事前にメイクを落として洗顔し、特に目の周りの汚れを取ってきます。
  2. サージカルテープなどで、まぶたを保護します
  3. ツイーザーを2本使い、そのうちの1本でエクステの根元にグルーを少量つけます
  4. もう1本のツイーザーでまつげをかき分けて、エクステを付けます

ポイントはツイーザーを2本使うことですが、慣れていないと逆に難しいかもしれません。その場合には、1本のみを使用して、指などでまぶたを少し引っ張ると、まつげ1本を狙って付けやすくなります。

7e6350615ce9151ec2da2fd8f47025f2_s

セルフでの付け方・やり方の注意点

サロンで施術してもらう場合、目を閉じた状態ですが、セルフでは目を開いたままエクステを付けることになります。目を開けていると、気化したグルーが目にしみてしまう場合もあるかもしれません。

また、注意していてもまぶたなどについてしまう可能性もあるため、なるべく低刺激性のグルーを選ぶのがおすすめです。

それと、セルフでの失敗でよく起こるのが、つけたエクステがすぐに取れてしまうこと。目の周りの汚れを事前にしっかり落としておかないと、エクステが取れやすくなってしまうのです。

これは目の周囲に皮脂が残っていることにより、グルーの接着力が弱くなってしまうのが原因。事前に処理するための専用処理剤などもあるため、必ず目の周りをきれいにしておきましょう。

[関連商品 まつげエクステ 豪華16点初心者セット]

まとめ

まつげエクステをセルフできれいに行なうには慣れが必要。サロンで施術してもらったエクステのリペアをまず行なってみたり、セルフエクステの講習などに参加してみると、コツが掴みやすくなります。

まつげエクステの装着方法を紹介した動画などもたくさん公開されているので、参考にしてみましょう。

■まつげのエクステについてのほかの記事を見てみる

まつげのエクステは不自然じゃない?トラブルはあるの?

まつげのエクステは安全?メリット、デメリットの口コミを教えて!

まつげのエクステは何本がいいの?本数は?太さ・長さ・デザインは?

まつげのエクステは値段がバラバラ?安いところは危険なの?

塗るつけまつげは使えるの?体験者が口コミ情報を大暴露!

一重まぶたでもつけまつげは大丈夫!失敗しない一重まぶたでの付け方とは?

ダイソーのつけまつげ人気ランキング!100均つけまつげはここまで進化した!

つけまつげ最新人気ランキングはこれ!おすすめつけまつげの口コミ情報も

つけまつげの付け方を教えて!初心者でもきれいに付ける方法とは?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大