下半身痩せに効果あり!ストレッチとエクササイズの方法とは?

下半身痩せを実現するためには、食事制限だけでなく、ストレッチやエクササイズを行うことが必要。簡単な動作のものでよいので、毎日継続して行うことが重要です。

そこで、下半身痩せに効果のある、ストレッチやエクササイズの方法を集めてみました。

スポンサーリンク

ebe9c014bbf90ee01be78ba00a6cc5ff_s

下半身痩せのストレッチ

下半身痩せのストレッチの方法はいろいろありますが、むくみが解消されたり、普段使わない筋肉を使うことで、脂肪の燃焼を促進させる効果が期待できます。

むくみを解消するストレッチ

  1. 仰向けに寝て、足を高く持ち上げる(腰から下が上がるように意識する)
  2. 右足と左足を交互に頭の上の方にくるように動かす
  3. 2の動作を20回繰り返す

このストレッチでは、ひざの裏が伸びるように意識を集中するのがポイントです。通常座る動作が多い場合など、足がむくみがちですが、しっかり伸ばすことでむくみを解消することができます。

内ももを引き締めるストレッチ

  1. 椅子に浅く腰をかけ、太ももにクッションを挟む
  2. 背筋を伸ばし、手は頭の後ろで組む
  3. 息を吐きながら内ももでクッションを凹ませるようにし、その後息を吸いながら戻す
  4. 3の動作を20回繰り返す

内ももは普段なかなか使用しない筋肉のため、ストレッチの効果は大。内ももに力を入れることを意識すれば、クッションなしでも効果はあるため、オフィスなどでこっそりストレッチすることも可能です。

belly-2473_640

下半身痩せのエクササイズ

下半身痩せにはウォーキングなども効果ありですが、毎日外にウォーキングに行くとなると、継続するのにハードルが上がってしまう人もいるでしょう。そこで、家の中でできる下半身痩せのエクササイズを2つ紹介します。

エア自転車

  1. 仰向けに寝て、足を90度持ち上げ、腰も浮かせる
  2. 足に力を入れるように意識しながら、自転車を漕ぐ要領で足を回転させる
  3. 2を30秒×2セット行う

足を上げることでむくみの解消にもなり、エクササイズの効果は絶大です。余裕があれば、逆回転にも足を回すと、別の筋肉を使うことになるため、より効果が高くなります。

足の巻き上げ運動

  1. 足を肩幅に開き、背筋を伸ばす
  2. やや前傾姿勢をとり、かかとをお尻にあてるように、ひざをまげて交互に足を巻き上げる
  3. 2を1秒に1回のテンポで20回行う

お尻や太ももを引き締めるのに効果のあるエクササイズ。テレビを見ながらや歯磨きをしながらなど、「ながら」エクササイズができる方法のため、毎日続けやすいのが特徴です。


[関連商品 波多野式ストレッチ座椅子]

まとめ

下半身痩せのためには、普段使わない筋肉を使ったり、普段伸ばさないところを伸ばす、というのが重要。普段の生活の中でも、ストレッチの動作を摂りいれるなどすると、より効果が得られるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大