夏バテ対策はこれで万全!食事面とその他の予防法まとめ

夏になって毎日暑い日が続くと、体調を崩さないか心配ですよね。去年は夏バテになってしまったから、今年は予防をしっかりしたい!そんな人も多いでしょう。

そこで、夏バテにならない食事や予防法を紹介します。本格的に暑くなる前に、夏バテ対策を頭に入れておきましょう。

スポンサーリンク

146939

夏バテにならない食事とは?

夏バテを予防するためには、しっかり食事をとることがとても重要です。暑いとなんとなく食欲がなくなって、そうめんやざるそばなどあっさりした食事になりがちですが、それでは栄養が不足してしまいます。

まずはバランスよく食事を摂ることに気をつけましょう。

特に夏バテ予防に効果的な食べ物としては、ビタミンB1を含む豚肉やうなぎなどがあります。ビタミンB1は汗で流れてしまいやすいため、夏には不足しがちな栄養素です。しかし、ビタミンB1は糖質をエネルギーに変える効果や、疲労回復の効果があるため、積極的に摂取しましょう。

また、夏の暑さでストレスが溜まるとビタミンCが消費されやすくなります。そのため、トマト、かぼちゃ、アスパラなどの夏野菜を摂って、ビタミンCを補うようにしましょう。

夏バテ予防のおすすめメニューの一つは豚肉ともやしを使った豚しゃぶです。もやしにもビタミンCが含まれており、さっとゆでることでビタミンCがあまり壊れない状態で食べることができます。ポン酢やゴマだれなどで食べると食もすすみますよ。


[関連商品 豚しゃぶ用豚肉]

その他の予防法

夏バテ予防としては、水分補給も重要です。しかし、暑いからと言って冷たい飲み物ばかり飲み続けると、胃腸が冷えてしまい夏バテを引き起こしてしまいます。

できれば暖かい飲み物を飲むか、冷えすぎていないスポーツドリンクなどがミネラル補給にはおすすめです。飲み物は一気に飲まず、ゆっくり飲むように心がけましょう。


[関連商品 ポカリスエット 粉末]

また、アルコールは水分の排出を促してしまうため、水分補給にはなりません。もしアルコールを飲んだときには、別の飲み物でその2倍程度の水分を摂るように心がけてください。

冷房で体が冷えすぎてしまうことも、夏バテにつながります。外と中の温度差が大きくなればなるほど、自律神経に影響を与えてしまいます。なるべく冷房の設定温度は28度程度にして外との温度差は5~6度までとし、冷えすぎないようにしましょう。

また、冷房の影響下に長時間置かれると、汗をうまくかけなくなり体温調節が上手にできなくなってしまうことがあります。それを避けるためには、朝晩の比較的涼しい時間帯に適度な運動をして汗をかいたり、岩盤浴などに定期的に行ってしっかり汗をかくのもおすすめです。


[関連商品 発汗健康法 岩盤浴の秘密]

まとめ

夏バテ予防に重要なのは、バランスよく食事を摂って、健康的な生活を送ることです。睡眠不足も夏バテの大敵なので、しっかり睡眠を摂って疲れをとりましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大