アロマテラピーで認知症が改善!?その驚くべき効果とは?

近年、アロマテラピーの様々な効果が注目されてきています。中でも、高齢化社会が進む中、認知症の予防や改善に効果があるという研究結果が発表され、かなりの関心が集まりました。

そこで、アロマテラピーの認知症に対する効果についてまとめてみました。

スポンサーリンク

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

認知症とは?

認知症とは、後天的な脳の機能障害により、知能が低下した状態のことを呼びます。主な症状は記憶障害や判断力の低下、妄想、うつ、睡眠障害などです。

日本では、65歳以上の約1割が認知症であるとも言われています。

名称未設定-4

アロマテラピーは認知症に効果あり?

アロマテラピーは「芳香療法」と訳され、植物由来のエッセンシャルオイルの芳香を用いて、病気の予防やリラクゼーションを行う療法のことです。

アロマテラピーによる認知症の改善のメカニズムは、嗅神経を刺激することにあります。嗅神経は人の記憶をつかさどる海馬と直結しており、認知症を発症した際に最初にダメージを受ける場所です。

そのため、逆にこの嗅神経を刺激して機能を再生させることで、海馬も活性化させることができるとされています。

アロマテラピーによる認知症の改善例

アロマテラピーを使用した認知症治療研究では、1日に昼と夜の約2時間、それぞれに配合したアロマを使って生活した結果、1ヶ月後には認知症の症状が改善されました。

この認知症の予防・改善に使われるアロマはローズマリー・カンファーレモン真性ラベンダースイートオレンジの4種類です。

昼用ブレンドはローズマリー・カンファー2滴、レモン1滴です。このブレンドには、集中力を高めて記憶力を強化する作用があります。

夜用は真性ラベンダー2滴、スイートオレンジ1滴の割合です。夜用のブレンドには鎮静作用があり、リラックス効果が期待できます。

昼用は午前中に2時間、夜用は寝る1時間前から2時間嗅ぐことで効果が出るとされています。昼用はアロマペンダントなどを使用し、夜用はアロマディフューザーなどを使うのが効果的です。

1f8fa838321addb4c6bea7e4e834af4f_s

アロマテラピーのその他の効果

アロマテラピーは嗅覚を通して脳に働きかけるため、認知症治療だけでなく不眠症疲労回復うつ病の治療など、様々な効果が期待されています。

また、直接身体的な作用として、頭痛冷え症花粉症対策などに効果が出るものや、スキンケアなど美容効果があるものもあります。

84d7ac39146b19675845c06ffbd8f9e6_s

まとめ

今回は、アロマテラピーの認知症に対する効果を紹介してきましたが、十分な効果を得るためには、化学合成されたものではなく、天然のアロマオイルを使用する必要があります。

また、肌が弱い場合や持病がある場合などは、使用できない精油もあるため、十分確認してから使用しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大