2017 梅雨入り・梅雨明け予想 東海地方

2015年(平成27年)、東海地方の梅雨入り・梅雨明けはいつになるでしょうか。過去10年のデータから予想していきましょう。まずは過去10年のデータを見てください。

【東海地方】 梅雨入り・梅雨明けデータ(過去10年)

西暦梅雨入り梅雨明け期間(日) *1降水量(%) *2
20056月11日ごろ7月18日ごろ3883
20066月8日ごろ7月26日ごろ49105
20076月14日ごろ7月27日ごろ44130
20085月28日ごろ7月12日ごろ4677
20096月3日ごろ8月3日ごろ
62108
20106月13日ごろ7月17日ごろ35100
20115月22日ごろ7月8日ごろ48103
20126月8日ごろ7月23日ごろ46102
20135月28日ごろ7月7日ごろ4168
20146月4日ごろ7月21日ごろ4860
20156月3日ごろ7月24日ごろ52135
20166月4日ごろ7月18日ごろ4589
平年6月8日ごろ7月21日ごろ44 *3
*1:期間は梅雨入り日と梅雨明け日を含む *2:梅雨の時期の降水量の平年比(地域平均値)(%) *3:平年の予想は2月29日を含まない ※背景色黄色:過去10年の最高と最低

[参考・引用サイト:気象庁ホームページ]

540x360xame_130617-540x360.jpg.pagespeed.ic.MMLcHx0fQS

梅雨入り

梅雨入りが過去10年で最も早かったのは2011年(平成23年)の5月22日、最も遅かったのは2007年(平成19年)の6月14日。早い時と遅い時では約3週間も違いがありますね。

平年通りであれば2015年(平成27年)は6月8日ごろとなっています。過去のデータからは早い時は5月下旬に梅雨入りし、遅くても6月初旬までに梅雨入りする年が多いようです。

梅雨明け

梅雨明けが過去10年で最も早かったのは2013年(平成25年)の7月7日、最も遅かったのは2009年(平成21年)の8月3日でした。早い時と遅い時で実に約一ヶ月もの違いがあるんですね。さて、平年通りなら東海地方の梅雨明けは7月21日ごろのようですが、どうなりますでしょうか。

梅雨の期間

梅雨だった期間が過去10年で最も短かったのは2010年(平成22年)の35日間、最も長かったのは2009年(平成21年)の62日間でした。短い時と長い時で約一ヶ月の差がありますね。

昔から、

「梅雨とスピーチとスカートは短いほうがいい」

なんて言いますから、できるだけ短い梅雨であって欲しいですね(笑)

降水量

梅雨期間の降水量が過去10年で最も少なかったのは2014年(平成26年)の60%、最も多かったのは2007年(平成19年)の130%でした。

表を見ればわかるとおり、梅雨の期間の長さと降水量は必ずしも比例しないようです。梅雨の期間が短く、降水量も少ないという理想的な年はそうそうないようですね。

PPW_aozoratoamagumo500-thumb-750x500-568

まとめ

過去10年のデータから、2015年(平成27年)東海地方の梅雨入りは5月下旬から6月初旬が有望、梅雨明けは早い時は7月初旬、遅い時で8月初旬にずれこむこともあるようです。

しっかりと最新の天気予報をチェックして、旅行・行楽の予定や梅雨シーズン対策を行っていきたいですね。

別の記事で日傘についての内容にはなりますが、長傘と折りたたみ傘のメリット、デメリットを比較してますので、よかったら参考にしてくださいね。

■他の区域の梅雨入り・梅雨明け予想もみてみる■

沖縄地方

奄美地方

九州南部地方

九州北部地方

四国地方

中国地方

近畿地方

関東甲信地方

北陸地方

東北南部地方

東北北部地方

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

みんなにシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

管理人をフォローする

スポンサーリンク
レクタングル大